印度・仏教哲学

お盆に想う、宇宙の五大(要素)

お盆ですね🌞

供養塔やお墓で多い五輪塔は、

元々仏舎利を納めた五重の塔を模していて、

宇宙の五大要素

「地(ア )、水(バ )、火(ラ )、風(カ )、空(キャ )

 

を現してものらしいですね。

宮本武蔵の五輪書もここから。

五輪塔

 

また、亡くなった方の即身成仏の修行の形、往生の姿とも。

 

お盆や施餓鬼のとき立てる木製の塔婆

卒塔婆(ストゥーパ)もこれを象したもので、

亡くなった方やご先祖さまを御供養します🙏

徳山暉純先生「梵字手帖」参照

 

今般の生を授けていただき、有り難うございます❣️

さあ、苦もまた楽しくいとおしく思えてきます😄

 

 

 

関連記事

  1. 印度・仏教哲学

    両界曼荼羅

      【胎蔵曼荼羅】我々の存在する物資世界を受け…

  2. 印度・仏教哲学

    コロナ禍、混迷の世を生きる中道の法

    独りよがりになる極端は避けながらも、あくまで自然の摂理から氣を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

  1. 王 道 學

    このブログの書き手の立ち位置
  2. “つぶやき”

    つぶやき〔1〕娑婆 −シャバ− の意味
  3. 中国・東洋の思想

    東京オリンピック❣️のはずでした。。。
  4. 印度・仏教哲学

    両界曼荼羅
  5. 王 道 學

    【メーンストリート(王道)の學びをご一緒に❗️】
PAGE TOP